中東ヨルダンのエキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルというと、イタリア、スペイン、ギリシャをイメージする方が多いと思いますが実はイラン、トルコ、イラク、レバノン、ヨルダン、イスラエル、キプロス等の中東でも生産されており、これらの国々は生産国としてIOCに加盟しています。  Murado foto ハミスさんアップ

日本オリーブ協会会員である、有限会社アラブジャパンインタープライズの代表ハミス・ソフィヤーンさんはヨルダン人と日本人のハーフ。ヨルダンと日本を行き来する中で、幼い頃からオリーブの実を食べているヨルダンに対し、日本の食卓にはオリーブの実が取り入れられていないことに気付き、文化の違いに驚いたそうです。
「中東というとどうしても戦争のイメージが強いですが、中東にはワインやフルーツなど良いものが沢山あります。これらの良いものを皆様に伝え、提供することが私たちの役目です。」
と語るハミスさんは、中東と日本の架け橋として双方に良いものをお届けすることをコンセプトとし、ご兄弟と事業を立ち上げられました。

有限会社アラブジャパンインタープライズが取り扱うエキストラバージンオリーブオイル
Murado(モラード)』は、ヨルダンの厳しい砂漠で栽培されており、世界最古の品種といわれる「ナバリ種」と「改良ナバリ種」をブレンドしたもの。これらの品種はヨルダンとシリアの一部でしか手に入らない希少なものと言われています。オリーブオイル特有の苦みと辛味に加え、ヨルダン地域の風土でなければ作り出せない独特のフルーティーさを併せ持ち、リンゴやラフランスのような爽やかさ、ナッツのようなマイルドさも感じさせる風味です。2015年度日本オリーブ協会認定を受けている『Murado』はアラビア語で「熱望」。皆様に本場の味をお届けしたいというハミスさんの熱望は、エキストラバージンオリーブオイルの名前そのものです。

Murado Murado2

ハミスさんは、日本オリーブ協会のミッションである「日本においてオリーブオイ及びテーブルオリーブの正しい情報発信、啓発活動。そして国際規格のオリーブオイルの普及活動」に共感され、ご入会して下さいました。ハミスさんのように、日本オリーブ協会のミッションにご賛同頂ける方を募集しております。ぜひ、お問合せお待ちしております。

 

 

フレッシュなオリーブ通信

毎日の健康な暮らしのために

会員の応援を必要としています

JOAは、一般消費者からオリーブオイル業界関係者まで、すべてのオリーブオイルを愛する皆様に、オリーブオイルの新しい発見・情報・正しい知識を発信すると共に、もっと皆様がオリーブオイルに親しめる機会を提供していきたいと考えています。

ご入会特典

  • JOAが開催・協賛する各種イベントへ会員価格で優先参加できます。
    ・オリーブオイル、テーブルオリーブについてのセミナーやワークショップ
    ・オリーブ畑や搾油所の見学ツアー等
  • JOAが選定したエキストラバージンオリーブオイル(イタリア産)を特別価格で購入できます。
  • ご入会時には当協会理事・学術委員が執筆または編集・出版に関与したオリーブオイル等に関する書籍を贈呈
  • JOA学術委員の先生方のオリーブと健康に関するコラム
  • 国際オリーブ協会(IOC)が毎月発信するニュースレター日本語版(ご希望により郵送いたします)
  • 会員の方の活動情報やお知らせなどを厳選し、JOA事務局より発信します。