品種の特長~レッチーノ~

海外情報2016/7/21

今回は、日本オリーブ協会が扱っている品種の中から、寒さ、病害虫にも耐性のある品種『レッチーノ』の特長をご紹介いたします。

 
~LECCINO~

レッチーノ

【樹木の特長】
レッチーノは、トスカーナ州フィレンツェ地方、ピストイア地方を原産とし、世界中で栽培されている品種です。寒さ、黒星病(葉や茎に小さな黒い斑点が現れる)、木材腐朽菌に耐性がありますが、すす病(葉、花、果実などに黒ずみ・黒斑点が現れ、光合成を出来なくする)には敏感な品種とされます。また、自家結実性はそれほど高くないため、レッチーノと同じ時期に花が咲く品種を受粉樹として植えることが望ましいとされてます。

【オイルの特長】
中程度のフルーティーさが特徴で、主な香りは生アーモンド、草、アーティチョークです。最初に苦味、辛さを含む甘味、後味にはアーモンドやアーティチョークを感じることが出来ます。
レッチーノのエキストラバージンオリーブオイルは、トマトサラダや、魚料理(カルパッチョ、魚のオーブン焼き、甲殻類のグリル)と非常に良く合います。ヨーグルト味のジェラートにも相性が良いと言われています。

フレッシュなオリーブ通信

毎日の健康な暮らしのために

会員の応援を必要としています

JOAは、一般消費者からオリーブオイル業界関係者まで、すべてのオリーブオイルを愛する皆様に、オリーブオイルの新しい発見・情報・正しい知識を発信すると共に、もっと皆様がオリーブオイルに親しめる機会を提供していきたいと考えています。

ご入会特典

  • JOAが開催・協賛する各種イベントへ会員価格で優先参加できます。
    ・オリーブオイル、テーブルオリーブについてのセミナーやワークショップ
    ・オリーブ畑や搾油所の見学ツアー等
  • JOAが選定したエキストラバージンオリーブオイル(イタリア産)を特別価格で購入できます。
  • ご入会時には当協会理事・学術委員が執筆または編集・出版に関与したオリーブオイル等に関する書籍を贈呈
  • JOA学術委員の先生方のオリーブと健康に関するコラム
  • 国際オリーブ協会(IOC)が毎月発信するニュースレター日本語版(ご希望により郵送いたします)
  • 会員の方の活動情報やお知らせなどを厳選し、JOA事務局より発信します。