トスカーナ便り~チェルタルド~

トスカーナ州フィレンツェから鉄道で50分ほどの街、チェルタルドにあるオリーブ農園の様子です。こちらの農園では、オリーブの実が順調に大きく生長しているそうです。

CERTALDO1CERTALDO2

10月の収穫までの間、オリーブの実を健康に生長させるため、害虫が発生していないかどうかを注意深く観察します。ヨーロッパでは、害虫「オリーブミバエ」がオリーブを育てる上で一番の天敵と言われています。オリーブミバエは全長約2~3mmと小さく、15~30℃が生息する好条件の温度であるため、収穫まで気が抜けません。オリーブミバエによる被害の多くは、幼虫がオリーブの実を食べ、風味を低下させてしまうことです。

IMG_4088IMG_4090
写真:オリーブミバエの幼虫が中に入っているオリーブの実

2014年、イタリアでは天候不順とオリーブミバエの大量発生による被害を受け不作となり、生産量が激減しました。

イタリアでは、オリーブミバエの駆除に農薬:ジメトエートを使用。オーガニック農園では主に銅の成分が入った消毒を用いて駆除を行います。また、粘着性のあるハエ取り紙を設置し、どれくらい発生しているのか観察し、駆除をしていきます。
もし、オリーブミバエやその他害虫が発生してしまった場合は、直ちに消毒をし、駆除を行い、健康なオリーブが収穫できるよう守っていきましょう。

日本オリーブ協会では、オリーブミバエのような害虫の卵や、病原菌等全くついていない健康な苗木をイタリア・トスカーナ州から輸入し、国内の法人企業様や地方自治体・公共機関等と一緒に、関東甲信越地方で未来のオリーブ畑を増やしています。
法人・公共機関との活動についてはこちら→https://japan-olive.or.jp/corporate_act.html

フレッシュなオリーブ通信

毎日の健康な暮らしのために

会員の応援を必要としています

JOAは、一般消費者からオリーブオイル業界関係者まで、すべてのオリーブオイルを愛する皆様に、オリーブオイルの新しい発見・情報・正しい知識を発信すると共に、もっと皆様がオリーブオイルに親しめる機会を提供していきたいと考えています。

ご入会特典

  • JOAが開催・協賛する各種イベントへ会員価格で優先参加できます。
    ・オリーブオイル、テーブルオリーブについてのセミナーやワークショップ
    ・オリーブ畑や搾油所の見学ツアー等
  • JOAが選定したエキストラバージンオリーブオイル(イタリア産)を特別価格で購入できます。
  • ご入会時には当協会理事・学術委員が執筆または編集・出版に関与したオリーブオイル等に関する書籍を贈呈
  • JOA学術委員の先生方のオリーブと健康に関するコラム
  • 国際オリーブ協会(IOC)が毎月発信するニュースレター日本語版(ご希望により郵送いたします)
  • 会員の方の活動情報やお知らせなどを厳選し、JOA事務局より発信します。