オリーブ樹の特長~4種比較~

海外情報2016/9/23

オリーブ樹は、品種によってそれぞれ異なった特長を持っていますが、どのような差異があるのか、「品種の特長」でご紹介した4品種を比較していきます。

樹木を見るとそれ程の差異は感じられないかもしれませんが、その葉を実際に並べてみると、写真のように色・大きさ・形が異なることが分かります。(写真左から:レッチーノ、ペンドリーノ、レッチョデルコルノ、フラントイオ)

img_3800

葉と同様、実の大きさや形も異なります。レッチーノは粒が小~中位で細長い形、ペンドリーノも粒は小~中位ですが細長い楕円形です。レッチョデルコルノも粒は小~中位で円形、フラントイオは粒が中位で楕円形です。(※中粒=2~2.5g)

そして、成熟期間は気候等により毎年変化しますが、目安は10~12月の2か月間。この期間の中で、各品種がそれぞれのペースで成熟していきます。4品種の中で最も早く成熟するのはレッチーノ。その次にペンドリーノ、フラントイオ、レッチョデルコルノと続きます。

このように各品種がそれぞれ素晴らしい個性を持っています。もちろん風味も違いますので、ブレンドする品種や搾油方法により沢山の種類のオリーブオイルを作り出すことが出来ます。

日本オリーブ協会では、オリーブ栽培をする日本国内の土地に適した品種を選定し、伊人オリーブ専門家による植樹・剪定・搾油等のサポートを行っております。今後オリーブの植樹をお考えの農園・会社の皆様、ぜひ当協会ホームページ内法人・公共機関との活動についてをご覧ください。

 

【掲載中の品種の特長の記事】

品種の特長~レッチョデルコルノ~―――こちらへ

品種の特長~ペンドリーノ~―――こちらへ

品種の特長~レッチーノ~―――こちらへ

品種の特長~フラントイオ~―――こちらへ

フレッシュなオリーブ通信

毎日の健康な暮らしのために

会員の応援を必要としています

JOAは、一般消費者からオリーブオイル業界関係者まで、すべてのオリーブオイルを愛する皆様に、オリーブオイルの新しい発見・情報・正しい知識を発信すると共に、もっと皆様がオリーブオイルに親しめる機会を提供していきたいと考えています。

ご入会特典

  • JOAが開催・協賛する各種イベントへ会員価格で優先参加できます。
    ・オリーブオイル、テーブルオリーブについてのセミナーやワークショップ
    ・オリーブ畑や搾油所の見学ツアー等
  • JOAが選定したエキストラバージンオリーブオイル(イタリア産)を特別価格で購入できます。
  • ご入会時には当協会理事・学術委員が執筆または編集・出版に関与したオリーブオイル等に関する書籍を贈呈
  • JOA学術委員の先生方のオリーブと健康に関するコラム
  • 国際オリーブ協会(IOC)が毎月発信するニュースレター日本語版(ご希望により郵送いたします)
  • 会員の方の活動情報やお知らせなどを厳選し、JOA事務局より発信します。