オリーブオイルの定義

オリーブ樹(Olea europaea L.)の果実のみから採油されたもので、溶剤の使用、再エステル化等の処理を一切行わずに採油されたオイル。 他のいかなる種類のオイルも混入してはならない。

バージン・オリーブオイルの定義

オリーブ果実から、特にオイルの変質をもたらさない温度条件下で機械的または他の物理的な方法だけで採油したオイル。 洗浄、デカンテーション、遠心分離、濾過以外の処理を行っていないもの。

IOCによるオリーブオイルと オリーブポマースオイルの呼称と定義

バージン・オリーブオイル(絞ったまま100%)

バージン・オリーブオイルとは、オリーブ樹(Olea europaea L.)の果実から機械的または物理的な手段のみにより、オイルを変性させない条件下(特に温度条件)で得られたオイルであり、洗浄、デカンテーション、遠心分離、濾過以外の処理を経ていないものを指す。

そのまま食用に適するバージン・オリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイル

遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中0.8グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーに相当する特性と一致するオイル。

バージン・オリーブオイル

遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中2グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーに定められた特性と一致するオイル。

オーディナリーバージン・オリーブオイル

遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中3.3グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーの特性と一致するオイル。

このカテゴリーのオイルは、小売りが行われる国において、法的な許可がある場合にのみ、消費者に販売される。 許可がない場合は、その国の法律に準拠するものとする。

そのままでは食用に適さないバージン・オリーブオイル

ランパンテバージン・オリーブオイル

遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中3.3グラムを超え、かつ(または)その官能特性が、IOC規格における当該カテゴリーで定められている官能特性を有するオイル。精製されるか工業用途に用いられる。

精製オリーブオイル

精製オリーブオイルは、バージン・オリーブオイルから、当初のグリセリド構造の変化につながらない精製法によって得られたオイル。 遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中0.3グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーに定められている特性と一致するオイル。 このカテゴリーのオイルは、小売りが行われる国において、法的な許可がある場合にのみ、消費者に販売される。

オリーブオイル

オリーブオイルは、精製オリーブオイルとバージン・オリーブオイルをブレンドしたオイル。遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中1グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーの特性と一致するオイル。国によっては、より具体的な呼称が求められる場合がある。

オリーブポマースオイル

オリーブポマースオイルは、オリーブポマースを溶剤もしくは他の物理的方法で処理して得られたオイルであり、再エステル化プロセスで得られたオイルや別の種類のオイルと混合されたオイルを除く。販売にあたっては、以下の呼称と定義に従う。

クルード・オリーブポマースオイル

特性が、IOC規格における当該カテゴリーに定められた特性と一致するオイル。 精製して食用にするか、工業用途に用いられる。

精製オリーブポマースオイル

クルード・オリーブポマースオイルから、当初のグリセリド構造の変化が起らない精製法によって得られたオイル。 遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中0.3グラム以下で、その他の特性が、 IOC規格における当該カテゴリーに定められた特性と一致するオイル。 このカテゴリーのオイルは、小売りが行われる国において、法的な許可がある場合にのみ、消費者に販売される。

オリーブポマースオイル

精製オリーブポマースオイルと、そのままで食用に適するバージン・オリーブオイルをブレンドしたオイル。遊離酸度が100グラム中1グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴーに定められた特性と一致するオイル。国によっては、より具体的な呼称が求められる場合がある。

インターナショナル・オリーブ・カウンシルの日本向けキャンペーン「ビリーブ・イン・オリーブオイル」ウェブサイト(http://believe-oliveoil.jp/)より抜粋

身体にうれしい、オリーブオイルの成分

オリーブオイルは、身体にとても良い脂肪酸で組成されています。なかでも一番多く含まれるのは、オレイン酸です。 一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、悪玉コレステロール(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)は維持するというとても賢い働きをしてくれます。LDLは動脈硬化の大きなリスクファクターでもあるので、これを減らすことは、動脈硬化によって引き起こされる生活習慣病予防につながります。

また、人間の体内では生成できない必須脂肪酸である多価不飽和脂肪酸のリノール酸とα-リノレン酸も適度に含まれているため、 オリーブオイルは人間の身体にとって、バランスの良い理想的な脂肪酸構成だといえます。

オリーブオイルの脂肪酸組成 (%)

ミリスチン酸 ≤ 0.03
パルミチン酸 7.50 – 20.00
パルミトレイン酸 0.30 – 3.50
ヘプタデカン酸 ≤ 0.30
ヘプタデセン酸 ≤ 0.03
ステアリン酸 0.50 – 5.00
オレイン酸 55.00 – 83.00
リノール酸 2.50 – 21.00
リノレン酸 ≤ 1.00
アラキジン酸 ≤ 0.60
ガドレイン酸 ≤ 0.40
ベヘン酸(eicosenoic) ≤ 0.20
リグノセリン酸 ≤ 0.20

*Limit raised to ≤ 0.3 for olive pomace oils

オリーブオイルは果実のオイル

オリーブの果実を搾っただけのバージン・オリーブオイルの中でも、最高品質であるエキストラバージンオリーブオイルは、 脂肪酸以外にも果実に含まれる多種類の微量成分がオイルに溶け込み、身体にとてもよい効果をもたらします。

代表的な成分

トコフェロール

オリーブオイルのトコフェロール含有率は150~170mg/kgで、酸化を防ぐためだけでなく、ビタミンの摂取源としても貴重な成分となっています。

フェノール類(フェノール、フェノール酸、ポリフェノール)

大量にあると身体に害を及ぼす活性酸素の働きを抑える抗酸化物質として作用します。オリーブオイルは、豊富に含まれるこれらフェノール酸類、フェノール類の働きにより、オイル自体が酸化されにくく、人間の身体の酸化に対しても強い抵抗性を示します。

ステロール

オリーブオイルの特徴のひとつは、フィトステロール(植物ステロール)が含まれていることです。実際、コレステロールの腸管吸収を阻害する物質であるβ-シトステロールを大量に含んでいるのはオリーブオイルだけです。

炭化水素

脂肪酸の合成過程の副産物と考えられており、飽和型と不飽和型の2つがあります。スクアレンが大量に合成され、また量はまちまちですが、ビタミンA作用と抗酸化作用を持つβ-カロテンが含まれています。

色素

抗酸化物質であるカロテノイド、特にクロロフィルが代表的。代謝促進、細胞増殖、血球形成の刺激、創傷治癒の促進などに有益です。

アロマ成分

オリーブオイルのアロマは消化によい影響を与えます。食べ物の香や風味が好ましいと、胃液中のペプシンが増え、消化を促進することがわかっています。 ただし、オリーブオイルは精製されると、このように身体に良い成分が、減少したり、まったく無くなったりしてしまいます。

インターナショナル・オリーブ・カウンシルの日本向けキャンペーン「ビリーブ・イン・オリーブオイル」ウェブサイト(http://believe-oliveoil.jp/)より抜粋

フレッシュなオリーブ通信

毎日の健康な暮らしのために

会員の応援を必要としています

JOAは、一般消費者からオリーブオイル業界関係者まで、すべてのオリーブオイルを愛する皆様に、オリーブオイルの新しい発見・情報・正しい知識を発信すると共に、もっと皆様がオリーブオイルに親しめる機会を提供していきたいと考えています。

ご入会特典

  • JOAが開催・協賛する各種イベントへ会員価格で優先参加できます。
    ・オリーブオイル、テーブルオリーブについてのセミナーやワークショップ
    ・オリーブ畑や搾油所の見学ツアー等
  • JOAが選定したエキストラバージンオリーブオイル(イタリア産)を特別価格で購入できます。
  • ご入会時には当協会理事・学術委員が執筆または編集・出版に関与したオリーブオイル等に関する書籍を贈呈
  • JOA学術委員の先生方のオリーブと健康に関するコラム
  • 国際オリーブ協会(IOC)が毎月発信するニュースレター日本語版(ご希望により郵送いたします)
  • 会員の方の活動情報やお知らせなどを厳選し、JOA事務局より発信します。